金持ち父さんのキーワード

変わるものと変わらないもの

  1. 「金持ち父さん 貧乏父さん」は自費出版だった

  2. キヨサキが示した基本的構図

  3. 今、世界にはお金があふれている

2015年12月7日

「金持ち父さん 貧乏父さん」は自費出版だった

ロバート・キヨサキの『金持ち父さんシリーズ』の一冊目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、1997年にアメリカで自費出版として世に出た。

この本は口コミでじわじわと広がっていき、翌年には二冊目の『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』が出版された。

その後キヨサキがテレビの人気番組オプラ・ウィンフリーショーに出演すると一気にベストセラーとなって全世界へと広がり、日本では『金持ち父さん 貧乏父さん』が2000年に翻訳出版された(その後、2013年に改訂版が出ている)。

世界で3000万部を超えて読み継がれているが、すでに出版から15年以上が経って、内容は古くなっていないのだろうか。

キヨサキが示した基本的構図

『金持ち父さん 貧乏父さん』『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』でキヨサキが言っている「資産と負債の違い」「持ち家は負債」「キャッシュフロー・クワドラント」といった基本的な考え方は、決して古くなってはいない。

なぜなら、これらは20世紀後半のアメリカにおける基本的構図を指摘したものであり、それが時間がたつにつれて日本をはじめとするほかの国々に徐々に広がっていったからだ。

その後、社会が産業時代から情報時代へと移行するとともに新たな変化が加わっているが、それはキヨサキが示した基本的構図を塗り替えてしまうわけではなく、その構図の上に積み重ねられていくことになる。

それ以降の変化として何が起こっているかについてもキヨサキは発言し続けているので、シリーズ初期の本と合わせて『金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ』など最近の本も読んでおいたほうがいいだろう。

スマートフォンで続きを読む

全256のキーワードに加え、モバイル版「キャッシュフロー101」やオリジナルコンテンツ「金持ち父さんの家計簿」をお楽しみ頂けます。


http://cfg.youmind.jp/
QRコードを読み取ると、携帯サイトにアクセスできます。QRコードは、バーコードリーダー機能やカメラ機能などから読み取ることができます(機種により異なります)。
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん
お金をあなたのために働かせる方法、金持ちになるのになぜ高収入を稼ぐ必要がないのかを学ぼう。
ボードゲーム版キャッシュフロー101
キャッシュフロー101日本語版
会計、金融、投資について一度に教えてくれる教育プログラムであり、みんなで楽しく学べるゲーム。
ボードゲーム版キャッシュフロー202
キャッシュフロー202日本語版
CASHFLOW101で基礎的なことになれたら、次は不安定な市場の上げ下げに対応する方法を学ぼう。
ボードゲーム版キャッシュフローkids
キャッシュフローforキッズ日本語版
子供がお金や金融について楽しみながらこわがらずに学ぶことができるようにと考案されたゲーム。
金持ちになる教えのすべて
金持ちになる教えのすべて
投資家・ビジネスマン・教育かとしてのキヨサキ自身の知恵と経験が凝縮されているDVD。