キャッシュフロー202のゲーム内容

ゲーム内容
キャッシュフロー202の特徴
キャッシュフロー202では空売り、コール・オプション、プット・オプション、ストラドルといった投資テクニックと、不安定な市場の上げ下げに対応する方法が学べます。投資方法や資産運用の手法にも幅があり、株式の各種オプション取引だけでなく、不動産をはじめとする資産の共同購入やプレーヤー間の売買交渉、ビジネスの買収・フランチャイズ化、企業の倒産など、より現実の世界に近い内容を体験できます。
ゲームルール
キャッシュフロー101で学んだ、ゲームシート(財務諸表)の仕組み、金持ちのやり方でお金を管理する方法、ビジネス経営の基礎をもとに、投資ツールや投資戦略についての理解を深め、リスクを減らし投資リターンを良くする方法を学んでいきます。ゲームを進め、総支出の2倍以上のキャッシュフロー(不労所得)を得られれば、ラットレース(勤労所得に頼る生活)を抜け出し、ファーストトラック(金持ち父さんの生活)に移れます。そこで5万ドル以上のキャッシュフロー(不労所得)を獲得し、自分の夢を買うか、あるいは他の夢を2つ買えば、勝利です。
ゲームイベント
ラットレース|キャッシュフロー202
202のラットレース

ここでは、101からの変更点・追加点をご紹介いたします。101のラットレースについては、コチラをご覧下さい。


※キャッシュフロー202をプレーするには、キャッシュフロー101で学んだ知識やスキルが必要です。101を完全にマスターしてから、202に進んでください。

Opportunity(オポチュニティ、投資のチャンス)
202のOpportunityには、Capital Gain DealとCash Flow Dealの2種類があります。101では取引の規模で区別されていましたが、202では取引の目的で区別されています。
[Capital Gain Deal]主に有価証券やスターター・ハウス購入などのカードが出ます。
[Cash Flow Deal]主に投資信託や集合住宅購入、ロイヤルティー関連のカードが出ます。
The Market(マーケット)
202では、OpportunityとTheMarketのマスは同じものとして扱います。OpportunityかTheMarketのマスに止まったら、CapitalGainDealかCashFlowDealのいずれかのカードを引き、自分の行動を決めて実行します。続けてTheMarketのカードを引き、自分の行動を決めて実行します。
資産の売却
202では、メニューの「資産運用」⇒「資産売却」から、所有している資産を他のプレイヤーに譲渡、または売却することができます。ただし、株式などの有価証券およびD2Yカードは売却することはできません。資産売却時は・その資産の所有権(自分か相手)・利益分配率(CFの分配)・希望提示額(売却額)・売却益(自動計算で表示されます)を設定し、「提示」を押すと相手から「承諾」、「条件の再提示」、「拒否」のいずれかが返ってきます。
空売り
空売りは、対象となる株を現在の株価で売却し、次に同じ会社のカードが出た際に、その時の株価で購入して、その差額で利益を得る方法です。例えば、株価$50の100株で空売りした株が次のカードで$30になっていた場合、$30で100株を買い戻すため、($50×100株)-($30×100株)の差額$2000が利益になります。
株式のオプション取引
202の株式取引では、「プット・オプション」と「コール・オプション」という2種類のオプション取引ができます。オプション取引とは、将来自分がオプション取引のカードに書かれた株価で株の売買をすることを契約したものです。
[プット・オプション]オプション行使時の株価で株を購入し、オプション取引のカードに書かれた株価で株を売却します。「今日の株価<オプション取引の株価」の場合に利益を得られます。
[コール・オプション]オプション行使時の株価で株を購入し、オプション取引カードに書かれた株価で株を購入します。「今日の株価>オプション取引の株価」の場合に利益を得られます。
不動産のオプション取引
このオプション取引カードを使うと、他のプレーヤーが引いたカードの不動産物件を取引することができます。ただし、このカードを使った場合は、必ず購入しなければなりません。また、オプション取引カードを引いた後、次に出た不動産取引カードで行使しなければ失効します。不要の場合は、他のプレーヤーに売却もできます。
不動産交換取引
カードに書かれた物件と引き換えに、新しい不動産を手に入れることができます。不要の場合は、他のプレーヤーに売却することもできます。
副業ビジネス
いくつかのカードを集めることでカードに書かれた金額のキャッシュフローを得ることができます。
メンターカード
メンターカードは、カードの引き直しができます。引き直しは、1ターンに1回のみで、3回使うとカードが失効します。なお、引き直せるカードの種類はOpportunityのカードのみとなり、不動産オプションの効果で他プレーヤーにカードを奪われた時は自動的に引き直しが発生します。
自己破産
202では、自分のターンであれば、いつでも自己破産ができます。自己破産すると、所有している全ての資産を、頭金または価格の2分の1で銀行へ売却し、さらに3回休みとなります。ただし、ロイヤルティーやD2Yカードは売却されずに残ります。銀行ローンがある場合は、資産の売却額を返済に充て、返済しきれない分は全額帳消しとなります。ただし、以後銀行からお金を借りることはできなくなります。(DoodadsやDownsizedでの強制的な借金のみ借り入れできます)
ファーストトラック|キャッシュフロー202
202のファーストトラック

「ファーストトラック」での目標は次の2つです。

  1. ファーストトラックで買った事業でキャッシュフローを$50000以上増やす
  2. そして
  3. 自分の夢を買うか、他の夢を2つ買う

101のファーストトラックについては、コチラをご覧下さい。

ビジネスの購入
ビジネスのマスに止まると、カード書かれた頭金を支払うことでビジネスを購入でき、キャッシュフローを増やすことができます。ただし、IPOのビジネスは、一度誰かが成功すると、他のプレーヤーはそのビジネスを手に入れることができなくなります。
ビジネスの買収
他のプレーヤーが購入したビジネスのマスに止まると、そのビジネスを買収することができます。ビジネスを買収されたプレーヤーは、そのマスのキャッシュフローを失います。ビジネスの買収額は、買収された回数(ビジネストークン)に応じて増えていきます。「頭金+(頭金×ビジネストークン)の金額」が買収に必要な金額となります。ただし、後述のフランチャイズ化されているビジネスを買収する場合は、「頭金+(頭金×ビジネストークン)+頭金+(頭金×フランチャイズトークン)の金額」が必要になります。
ビジネスのフランチャイズ化
自分が購入したビジネスのマスに止まると、頭金と同額を増資することで、そのビジネスをフランチャイズ化し、キャッシュフローを増やすことができます。ビジネスを1回フランチャイズ化すると、フランチャイズトークンが1枚増えていき、「元のキャッシュフロー×フランチャイズトークン」の金額が、キャッシュフローとして増えていきます。
ゲーム画像
  • ゲームシート|キャッシュフロー202
    ゲームシート
  • 資産売却の画面|キャッシュフロー202
    資産売却の画面
  • ファーストトラック移行画面|キャッシュフロー202
    株式のプット・オプション
  • カード売却画面|キャッシュフロー202
    ファーストトラックのビジネス

http://cfg.youmind.jp/
QRコードを読み取ると、携帯サイトにアクセスできます。QRコードは、バーコードリーダー機能やカメラ機能などから読み取ることができます(機種により異なります)。
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん
お金をあなたのために働かせる方法、金持ちになるのになぜ高収入を稼ぐ必要がないのかを学ぼう。
ボードゲーム版キャッシュフロー101
キャッシュフロー101日本語版
会計、金融、投資について一度に教えてくれる教育プログラムであり、みんなで楽しく学べるゲーム。
ボードゲーム版キャッシュフロー202
キャッシュフロー202日本語版
CASHFLOW101で基礎的なことになれたら、次は不安定な市場の上げ下げに対応する方法を学ぼう。
ボードゲーム版キャッシュフローkids
キャッシュフローforキッズ日本語版
子供がお金や金融について楽しみながらこわがらずに学ぶことができるようにと考案されたゲーム。
金持ちになる教えのすべて
金持ちになる教えのすべて
投資家・ビジネスマン・教育かとしてのキヨサキ自身の知恵と経験が凝縮されているDVD。